goat
goat star

Vocal/Guitar hayato kimura birth 07/09
blood type O
color yellow
Guitar/Chorus susumu nishikawa birth 07/09
blood type A
color orange
Bass/Guitar HIDEO birth 01/01
blood type A
color black
drums/percussion yoko birth 07/29
blood type O!
color blue
 
   

BIOGRAPHY

2003年5月
久々の再会を果たしたHIDEOと西川が新しいバンド結成の構想を練る。
Drumsにyokoを迎え、セッション開始。
セッション初日からうねるようなグルーブが生まれ出し、バンド結成を決意。
本格的にヴォーカリストを探し始める。

2003年6月
西川進が、ソロプロジェクトとしてのアルバム制作を構想。

2003年7月
ヴォーカリスト 木村隼人 出現。
西川のソロプロジェクトにヴォーカリストとして参加。 そのあまりにも切ない歌声に感化され、HIDEO、yoko、西川のバンドに迎え入れることを決定。

2003年8月
西川のソロプロジェクト、レコーディング始まる。 HIDEO、yokoも代表曲のレコーディングに参加、プロジェクトの要となる。
西川がソロプロジェクトとバンドを融合することを決意し、プロジェクト名を予てから発案していた、「GOAT STAR」と命名。

2003年12月3日
西川ソロプロジェクトとしての「GOAT STAR」ミニアルバム、全国発売開始。
その後、ソロプロジェクトから進化したHIDEO、yoko、西川進、木村隼人の4人による本格的なバンド「goat star」として活動開始。




goat star discogrphy...
2005年04月6日
2nd Album 「Dogma.e.p」

FLH-25 \1890
1.sirius
2.ANIMAL ESCAPE
3.38
4.ルージュノアール
5.Leo
6.リフレクター
7.Circus
前回の作品とは一変して,外に向けて放たれたアルバム.
その言葉通り,すごく心にぐさぐさ刺さってくる.
正直ここまで衝撃的な作品だとは思ってなかったから,初めてぶっ通して
聴いたときの衝撃はすごかったなぁ。ライブでは去年から『38』をやってたけど,
歌詞が全く聴き取れなくて改めて歌詞カードを見ると…
これはギリギリラインですよね!(笑)でもそのギリギリさが彼ら4人の
演奏によって見事に表現されているように思える.
『Leo』は哀愁漂う感じで,サビなんかどこか遠い所へ投げ掛けるようなあの
歌声♪そして私が愛して止まない『ルージュノアール』
初めてライブで聴いたときから忘れられないすすむんのイントロから始まり,
サビの『愛されてまた棄てられて 精神だけまだ追い越せなくて
すがられてまた裏切られて 闇の雨まだ降り続けているよ』

今の私にずっしりときた歌詞だった.すすむん、隼人さん,HIDEOさんが書いた曲
にはそれぞれの特徴がよく現れているので注目!ほんとこれはお薦めの
作品です!
2004年5月26日
1st Album「nine」

FLH-22 \2,500(tax in)
01.kate
02.topaz
03.bed time story
04.sun
05.hole
06.アンチテーゼ
07.stair
08.planetarium syndrome
09.メーデー
10.throw
最初聞いたイメージは『陰』.今まで触れないでいた心の奥にあったものをえぐ
られるかのような印象を受けた作品.『Kate』のPVはめちゃかっこいいです.
ライブでも大盛り上がりなこの曲から始まり,シングル曲も含めて全10曲も
ある!『topaz』はよく春の終わりの5〜6月(もう夏か!)にずっと微風に吹
かれながら聴いてたことが多くて,その頃の記憶が蘇るほど聞き入った曲.
最初の隼人さんのギター(?)から始まり,topazの刻むリズムが最高です.
そして『hole』は間奏で若干リズムがかわるところのすすむんのギター!
そして『stair』『planetarium syndrome』の曲順はぐっとはまります.
『planetarium syndrome』で異空間を味わった後には,これまた激しい
『メーデー』. 断然ライブで聴くといい曲です.ほんとこの曲には思い出が多く
あって,あまりに聴きすぎてもうCDもぼろぼろです.それくらい最高のアルバ
ムです!
2004年3月14日
single「throw」

SRR-0001 \1,500(tax in)
01.throw
02.アンチテーゼ
03.new moon
04.iris
メンバー固定されて初の音源! タイ旅行から帰ってきたら届いてて即聴きした.
AメロからHIDEOさんのベースがズンズンと響いてきて,この曲の一番の聞き
所である間奏のすすむんのギターから一気に後半へ盛り上がる,この曲はま
さしくgoatの代表作といっても過言ではないと思います.
そしてc/wにある『iris』は,なんと某バンドでも同じ曲をアレンジ変えて出し
てます.両方を聞き比べると驚くほど違って,それぞれのバンドのいい部分が
出てます!HIDEOさんがこの曲にかけた想いを想像しながら聴くといいよ〜♪
2003年12月18日GOAT STAR
(西川進ソロプロジェクト)
album「Fairy's dust」

FLH-20 ¥1,800(tax in)
01.stone
02.fill
03.DIVE INTO UNREALITY
04.new moon
05.jyari
06.down and out
07.sun
念願のソロアルバムが遂に完成!
発売が若干押したものの,それも作品へのこだわりが感じられる.
ずっとずっとソロで出したいと言ってたすすむん.
1曲目から激しさ炸裂の『stone』.感情直結型ギターリストならではのギター
演奏から始まり,最後は『sun』でしっとりさも表現.
今まで数曲程度すすむん作曲の楽曲は聴いたことあったけど,このアルバムで改めてすすむんの感性というか,ギター以外の面での魅力を感じました.
すすむんはサポートギターとして演奏することが多いけど,この作品ではすす
むんのほんまのギターの良さがあふれ出ています!
2005年01月25日
DVD「private for killing」

SRR-0002 \2,000(tax in)
1. kate
2. throw
3. xxx for killing
off shot & Interview
PVやメンバーのプライベート映像など, 盛りだくさんの内容です! HIDEOさん
はずっと笑ってて,すすむんは変な顔してて,yokoさんの恥しそうな顔に隼人
さんのサングラス姿などとっても面白いDVD.
昨年のツアーの映像などこれ1本でgoat starを十二分に楽しめます。
goat star ライブ歴
・2004/03/25 [ゴッホの耳〜Vol.01」新宿MARZ
★1st mini Tour〜nine〜★
・2004/06/22 下北沢CLUB251
・2004/07/07 名古屋HeartLandStudio
・2004/07/11 仙台RIPPLE
・2004/07/16 1st mini Tour〜nine〜Final「ゴッホの耳Vol.2」渋谷屋根裏
・2004/09/10 大宮Hearts
・2004/09/25 「ゴッホの耳Vol.3」表参道 FAB
・2004/10/10 shibuya CYCLONE present vol.41"CYCLING CYCLONE vol.41"

★2st mini Tour〜EXIT OF NINE〜★
・2004/11/09 NACK5 Shooting Live vol.17〜New Energy〜 in原宿アストロホール
・2004/11/10 京都ミューズホール
・2004/11/11 大阪LIVE SQUARE 2nd LINE
・2004/11/13 神戸 VARIT
・2004/11/20 2st mini Tour〜EXIT OF NINE〜Final「ゴッホの耳Vol.4」渋谷CYCLONE
・2004/12/15 渋谷ラ・ママ
・2005/02/02 shibuya CYCLONE
・2005/03/03 原宿アストロホール
★3st mini Tour〜shooting star tour〜 
・2005/04/03 渋谷サイクロン
・2005/04/05 名古屋HEARTLAND
・2005/04/06 3st mini Tour〜shooting star tour〜Final 大阪ナンバロケッツ

・2005/05/18 高田馬場CLUBPHASE
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO